グアムの基本情報①「全体像」

グアムは年間を通じて温度の変化が少なく、年間平均気温は約28度という常夏の島です。気候は大きく分けて、乾期(11~4月)と雨期(5~10月)に分類されます。

海外旅行の中でも常にベスト5になる程、日本人に根強い人気旅行先グアム。

その人気旅行先の基本情報について数回に分けてお伝えしていこうと思います。

基本情報

「島の大きさ」
約544k㎡で淡路島とほぼ同じくらいの大きさ。

車なら3時間程度で島を1周できる程です。

「人口」
約17万人

「フライト時間・時差」
日本から直行便で約3時間半。時差は日本時間+1時間。

時差ボケがないこと、時差をあまり気にせずに日本の親しい人達と連絡を取りあえるのもグアムの大きな魅力です。

「電圧」
電圧は100~120V、周波数は60Hz。短時間なら日本の製品を使用しても問題ないですが、長時間使用する場合は変圧器の利用が無難。

プラグは日本と同じA型が多いです。

※ちなみにスマホの充電器はほぼ全世界の電源プラグに対応しています。

 ただヘアアイロンやドライヤー、アイロンなど大きな電圧を使うものや国内産のものを使用している場合は変圧器が必要です!

【宗教】
スペイン統治時代にカトリックが広められ、現在も約75%がカトリック教徒です。

グアム島はざっくり分けて、北部と南部で特色が異なります。

北部には観光客が多くホテル街が並ぶタモン街エリアやタモン湾などの観光ビーチ、有料リゾートビーチ、アクティビティでは逆バンジーで有名な絶叫マシン「スリング・ショット・グアム」、観光名所先で有名な恋人岬があります。

南部にはローカル(地元民)が多く大自然豊かな観光名所がたくさんあります。

一例)イナラハン天然プールやタロフォフォの滝など。

次回はこの北部と南部の魅力・観光名所について詳しく紹介していこうと思います。

今後も随時更新していきますので、皆様のお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク