ダイビングや飛行中の耳痛に必須! 耳抜きの方法について

飛行機によく乗る方、ダイビングライセンスを持っている方でも、ちゃんと出来ていないことが多い耳抜き。

知らないまま気圧の影響を受けるところに行くと激痛に襲われるだけでなく、思わぬトラブルが起こることも!

そんな耳抜きについて最も簡単で、ダイバー講師がよく使用してる方法について記載していきます。

その前に、まずは耳抜きとは何か?についてご紹介。

耳ぬきとは?

結論から言うと「耳管に空気を通す」こと

耳と鼻をつないでいる耳管という管に空気を通すことなのです。

通常、鼓膜の内側と外側の圧力を調整している耳管は閉まっていますが、唾を飲み込んだり、大きく口を開けたりすると一時的に開きます。

この耳管が開かないと、飛行機に乗った時やダイビングで潜ったりした時に、耳が痛くなるなど、耳のトラブルを起こします。

耳抜きが必要なのは、この鼓膜に加わる圧力が理由です。

もともといた場所から、気圧の異なる場所に移動すると、鼓膜の外側(外界)と内側(耳管)に気圧差が生じます。

この気圧差を解消するのが、耳抜きなのです。

※ダイビングする時は50㎝潜るたびに耳抜きを行ってください!

痛くなってからでは、手遅れなので、その都度行う必要があります!

耳抜きの種類

耳抜きには、バルサルバ法、マウスフル法、トゥインビ―法など様々な方法がありますが、難易度が高く、耳抜きが不完全で十分抜けきれてないといったことが起こる可能性もあります。

なので、このページでは、やり方が最も簡単で、耳抜きが成功しやすい「バルサルバ法」について、ご紹介します。

バルサルバ法

鼻をつまんで、声門(声帯)を開いた状態で、肺の空気を鼻から息を吐き出そうとする動作を行う方法です。

肺からの圧力によって耳管を開放させます。

※ワンポイント

口を閉じて鼻をつまみ、鼻から息を吐けば成功しやすいです。

鼻をつまんでいるので、もちろん鼻から息を吐くことはできませんが、空気が中耳(鼓室内)に送り込まれ、鼓膜の内側から空気が鼓膜を押しかえし、内側と外側の圧が平衡となります。

この耳抜きが不完全な状態を「耳抜き不良」といいます。

耳抜き不良とは?

中耳腔圧平衡が不完全、またはまったくできないことを「耳ぬき不良」といいます。この耳ぬき不良によって中耳腔が陰圧になると起こることが

鼓膜や中耳腔が内出血

鼓膜が破れる

最悪の場合、内耳の蝸牛という所にある内耳窓(正円窓と卵円窓)にヒビが入って中の外リンパ液が漏れ出す、外リンパ瘻という病気になってしまうことがあります。

こうなると、生涯ダイビングはしないほうが望ましい状態になってしまいます。


これら耳ぬき不良によって生じる耳の障害を、中耳や内耳の気圧外傷と呼びます。

※上記内容は、Marine diving webより引用

URL:https://marinediving.com/skill/clear_ears/miho_1/

次に耳抜き不良による危険性について記載します。

耳抜き不良による危険性

耳ぬき不良は、「耳の痛み」などというレベルでは済まないこともあるのです。耳を壊して一生潜れなくなることも問題ですが、稀ながら耳ぬき不良によって瀕死、あるいは死亡事故が起きています。


海上保安庁が公表して、DAN JAPANがそれらをまとめた事故例報告を下記に示します。これらの多くはパニックに陥ってしまった結果、溺れたり、急浮上によって二次的な障害を起こしてしまうことが原因です。

※引用元: https://marinediving.com/skill/clear_ears/miho_1/

注意点!

アルコールをたくさん飲んだ後や風邪をひいている時などは、鼻の粘膜や耳管周囲の粘膜がむくんで腫れてしまうので、耳抜がしにくくなります。

飛行機に乗る前日、当日の飲酒や体調不良には十分注意してください。

スポンサーリンク