「美女と野獣“魔法のものがたり”は涙が出るほど美しい! アトラクションの見どころと待機中の見どころを徹底紹介

スポンサーリンク
出典:ディズニーリゾート公式サイト

新エリアのシンボルである「美女と野獣の城」内に作られた「美女と野獣“魔法のものがたり”」は、魔法のティーカップに乗り込んで、美女と野獣の物語に沿って名シーンの数々を見ていくといったアトラクションです。

魅力



1つの魔法のカップには10名まで乗員可能で、家族全員でも友人全員でもグループ全体で、もれなく楽しむことが出来、身長制限もないので小さいお子さんでも参加可能というのが最大のメリット!
お子さん連れだから、小さいから乗れないといった従来の制限を受けません。
※ただし、魔法のカップが動いて横回転したり座面が上下したりするので、1人で安定して座れることが乗員条件

アトラクションの待機時間さえも楽しめる!

外観

まず、城の門を抜けて石橋を渡ると、昼間でも霧が城を覆う。
ここが魔法にかけられた城だと伝わってくる映画を忠実に再現した完成度!

夜はさらに怪しい雰囲気であふれ、映画でベルが恐る恐るたずねた野獣の城の雰囲気そっくりのクオリティの高さ!

内観

本格的な城の部屋や通路が並ぶ。
最初に通る応接室は、夜道で迷ったベルの父親「モーリス」が、一夜の宿を求めて城に入り込んだ時に入った部屋を再現。

出典:Twitter

暖炉の前には、モーリスが座ってしまった野獣のイスと、魔法で足置きにされた犬の「サルタン」がいました。

出典:Twitter

尻尾を振るサルタンのかわいい姿や、暖炉の上で眠る燭台姿の「ルミエール」と置き時計姿の「コグスワース」も忠実に再現。

出典:Twitter

待機列の床にはスタンディングラインが描かれているので、ソーシャルディスタンスもしっかり確保済!

通路の壁には豪華な絵画が並ぶだけでなく、壁紙にもルミエールやコグスワースが隠れています。

出典:Dtimes Processed with MOLDIV

カタカタ音がする銀食器が並んでいたり、ベルと野獣が朝食を取っていた部屋に「ポット夫人」とその息子でティーカップ姿の「チップ」がいたりと見どころもたくさん。

さらに両側によろいが並ぶ廊下を通ると、大階段とステンドグラスのある広間に出る。

出典:Dtimes Processed with MOLDIV

城の玄関の大広間
美女「ベル」が野獣を初めて見た場所であり、ベルと野獣が感動的なダンスを披露した名場面の場所。

お客さんが部屋の中に入ると窓のステンドグラスが動き出し、 映画のオープニングを思い出させる物語のプロローグが始まります。

ディズニーホテル予約も専用バス乗車予約もディズニーのことならJTBが王道!
ディズニーリゾート予約ページはこちらから↑↑

乗り物酔いの心配は?

カップは縦横無尽に動き、時に回転したり少し傾いたりしますが、動きの激しさは緩やかなもので恐怖心を感じたり、ひどく酔ってしまうほどの動きではありませんでした。
小さいお子さんでも楽しめるよう様々な工夫や配慮がされているので、怖くて乗れないといった思いはしないと思います。 怖いどころか音楽に合わせて楽しく魔法のカップが動くので、まるで幸せなダンスをしているかのような穏やかな気持ちで楽しめますよ「※あくまで個人的感想です」。

アトラクション内の演出も少しだけ紹介。

映画でベルが最初にもてなされたダイニングルームでは、映画の挿入歌「ひとりぼっちの晩餐会」が流れ、お皿やシャンパン、豪華な料理でにぎやかにベルをもてなし、にぎやかな映像の魔法であふれる部屋や

出典:Dtimes

挿入歌「愛の芽生え」が流れる雪景色の城の庭では、世界観を壊さないように他エリアより肌寒く、冬のシーンを見事に再現!

出典:Dtimes Processed with MOLDIV

ベルと野獣が徐々に心の距離を縮めていくシーンがほほ笑ましく描かれています。

挿入歌「夜襲の歌」をバックに野獣をやっつけようと城を襲ってくる村人との戦いの迫力あるシーンも。
 
最後の結末は映画と同じ王子に戻った野獣とベルの幸せのエンディング。

「美女と野獣」の曲に合わせて踊るように動く魔法のカップに揺られながら感動的なシーンと心地よいメロディが心に染みわたります。

そして最後のシーンの天井には…
その結末と感動は、ぜひ実際に体験して、見届けてください(^^♪

JALでのディズニーリゾート予約はこちらから↑↑

映画そのままの世界と圧巻の完成度!

「美女と野獣“魔法のものがたり”」は8分間と長編のため、ゆっくり丁寧にお話が語られて物語が進んでいくので、充実の内容で見応えたっぷり!
小さいお子さんでもわかりやすいです。  

シーンが変わる毎に次々に流れる挿入歌が、映画「美女と野獣」がミュージカルだったことを実感させてくれ、まさに「魔法のものがたり」を追体験しているようなロマンチックな気持ちにさせてくれます。8分という長い時間も一瞬のように感じてしまうほど世界観に入り込めちゃう完成度です。

まさに夢と魔法が散りばめられた世界!
アトラクションを体験した際は、感動の名シーンと音楽に浸って日常を忘れ思いっきり楽しんじゃってくださいね!

スポンサーリンク
トップへ戻る