アロワナの目タレの予防、改善方法について

アロアナの観賞価値を下げる目タレ。

出典:photo AC

シルバーアロワナに最も起こりやすく、次いでアジアアロワナ、ブラックアロワナには起こりにくい症状です。

出典:photo AC

ブラックアロワナには起こりにくい。

私が飼育してきたブラック達も全ての個体が目タレを起こすことは無かったです。

考えられる原因

・混泳魚のいない単独飼育
・水槽前面にアロワナ観賞用ライトを設置している
・側面・背面にブラックやブルーなどのスクリーンを貼っている
・ベアタンク飼育で底面に砂利を敷いていない
・水槽の設置位置が高い、水槽自体の高さがある
・水中に沈むような餌ばかり与える

スポンサーリンク

将来起こしやすい個体

・斜めに泳ぐことが多い
・脂肪分の多い餌を与えすぎている
・方向転換する時に同じ方向ばかりターンする

主要なものをざっと挙げるだけでも、これぐらいあります。

目垂れを防止するには、上記の様な要因を作らないで飼育する必要があります。

予防・改善方法

・単独飼育であればスクリーンを貼らない、少量でも砂利を敷く
・人口餌やクリル、コオロギなど水面に浮かぶ餌を与える
・飼育者を見下ろさないような高さに水槽を置く、高さを45cmの水槽にする等々

初期症状であれば、完治させることは十分可能ですので、日頃観察し、目たれ始めた時は環境の再設定と対策をしてみてください。
進行し完全に目タレになって時間が経ったものの治療や自然改善は不可能です。

命に別状はないですが、どうしても治したい場合は、手術を行ってくれる業者やアロワナ専門店であれば手術を受け付けてくれます。

そこに依頼して治してもらうのが良いと思います。

スポンサーリンク