夏、冬の水槽の置き場所について

海水魚
スポンサーリンク

水槽の置き場所は室温による影響を受けやすく、置き場所が悪ければ夏は全滅に繋がったり、冬はヒーターの電気代が大きく跳ね上がる原因になります。
水槽の置き場所を変えるだけで、省エネや生命の維持に直結するので、自宅の水槽環境と合わせてチェックしてみてください。

同じ室内でも天井と床面で温度差が10度以上違う!

一般の室内では、天井部分と床面で10~15℃の温度差ができるそうです。
これは暖かい空気は上へ昇り、冷たい空気は下へ降りるせいであり、夏の冷房時に足下が冷えすぎる、冬の暖房時には顔のあたりは暖かいのに足下は冷えてなかなか暖まらないといった現象が良い例です。天井が高いほどこの温度差が大きいので、高い場所に水槽を置くほど夏は高温、冬は電気代の節約になり、逆に床に近いほど冬は水槽が冷えやすく、夏は高温になりにくいです。

スポンサーリンク

我が家の例

我が家の水槽でも同じラックに置いている上段のものは水温が高いのに対し、下段の床に近いものは低いです。

↑我が家のボルトレスラック「棚版1枚当たり500㎏耐久」
棚板で荷重を均一に分散させれば、このようなラックでも小型~大型水槽まで1つのスペースに置けるので便利です。

他にも幅90~180まで、高さ90~210まで、耐荷重100~500kgまでと自身で好きにオーダー出来ます。

スチールラック買うならキタジマ、ラック通販で有名なルミナスがオススメ

本当に丈夫なので使う水槽のサイズと重量に合わせて、ぜひ公式サイトで注文してみてください。

特に夏場は、高温に弱いシュリンプや海水魚などを飼育している場合、24時間毎日クーラーを運転していないと30度以上の高水温になり、飼育魚が茹で上がるので、水槽の置き場所を考える必要があります。

どうしても程よい場所を確保できない場合は、別の方法として内窓を入れることも有効な手段になります。

今では通販が普及しているので、外注を依頼しなくても、上記の様な市販のものをセットするだけでお家に簡単に内窓をつけることが出来ます。
内窓をつけるメリットとして、外窓との間に空気の層が出来、夏は紫外線と熱気の遮断、冬は冷気を遮断し露水や凍結を防ぐので、室温の変化を緩和させてくれます。
夏は日焼け、冬は露水を防ぐので窓や材木の耐久寿命を上げ、エアコンの効きもUPし省エネにも繋がると良いことづくしで、簡単に出来る方法としてオススメです。

電気代節約にも愛魚の最適環境作りにも効果を発揮する方法なので、置き場所の見直し、対策物品を使用するなどして快適なアクアライフを過ごしてくださいね(^^♪

スポンサーリンク
トップへ戻る