布マスクはコロナ予防にならない!! 東大医学研究部により明らかになったマスク別感染予防効果の立証結果紹介!

スポンサーリンク

これまで感染拡大を防ぐためにマスクの着用が推奨されていますが、コロナウイルスに対してマスクがどれ程の防御効果を有するかについてはわかっていませんでした。

しかし!東京大学医科学研究所感染・免疫部門ウイルス感染分野の河岡義裕教授らの研究グループによって、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の空気伝播におけるマスクの防御効果とマスクの適切な使用法の重要性を明らかにしました!

その発表研究論文を読み、分かったことについて記載します。

詳しく読みたい方はこちらへ

新型コロナウイルスの空気伝播に対するマスクの防御効果|東京大学医科学研究所

「東京大学医科学研究所サイトホームページURLリンク」

立証方法

1.空中に浮遊するコロナウイルス「SARS-CoV-2」に対してマスクがどの程度の防御効果を持つかを検討するために、実際の感染性の生きたコロナウイルスを用いてウイルスの空気伝播をシミュレーションできる特殊チャンバーを開発し、実験を行った。

 BSL3施設内に設置したウイルス噴霧チャンバーの説明画
「出典:東京大学医科学研究所サイトHP」

左側のマネキンの口からSARS-CoV-2が噴出されチャンバー内に拡散する。右側のマネキンには人工呼吸器が繋がれており、吸い込んだウイルス粒子はウイルス回収装置に捕集される。

2.実験はマスク無し、布マスク、サージカルマスク「一般的な市販マスク」、N95マスクの主に4項目で検証

その結果

マスク無し:吸い込み率100%

布マスク:吸い込み率80%

サージカルマスク:吸い込み率:50%

N95マスク:吸い込み率:10~20%

というものになったそうです。「細かい結果は除いて分かりやすく表示しています」

布マスクでは、マスクの網目が粗すぎてウイルスが簡単に通れちゃうので、このような結果になったのだと思います。

例えれば、網戸がある窓だと虫は家の中に入れないが、網戸の無い窓が開けっぱなしだと無数に部屋に入ってくるのと同じようなものです。

結論

布マスクを着けていても8割のウイルスを吸い込んでいることになり、市販マスクでも半分しかウイルスを防御できていないことが証明されました!

市販マスクであればマスクを着けている効果があると言えますが、大半の人が愛用している布マスクは、着けていない時とほぼ変わらないと言えます。

さらに咳による飛沫は1m以上、くしゃみであれば5mはウイルスが飛んでいることも他の実験で証明されているので、一般的にいわれているソーシャルディスタンスでは予防効果が薄く無意味に近いともいえます。

ですので!予防できるマスクは、N95マスクを着けることです!!

Go to TravelやEatなどで国内旅行や外食の割合が増え、鬼滅などの話題映画上映による密集、これから年末年始の初詣や長期旅行など多くの危険リスクが目白押しなので、絶対かかりたくない方は、全く外出せず家に閉じこもるか、N95マスクを着けることをオススメします!

スポンサーリンク
トップへ戻る