当HPはペットの飼育、マンガやアニメなど家で楽しめる趣味がコンセプトです。
淡水魚・海水魚の記事では、病気治療や予防法に力を入れており、専門の知識・スキルを取り入れて書いています。
当サイトの目標は飼育者が正しい治療知識とスキルを持ち、ペットが少しでも長生きできること。
愛犬・愛猫・愛魚すべて大切な家族なので、少しでも同じ時を過ごせる様に情報発信に努めてまいります。

スポンサーリンク
メダカ・金魚

マイコバクテリウム症「魚結核症、抗酸菌症」の原因、治療について

全ての魚に感染する&もれなく難治性という困った病気。そんな抗酸菌症の早期発見のポイントと症状、有効な治療法について記載しています。
オススメ記事

観賞魚の肌荒れ、ヒレのギザギザ、ピンホール症状が出た場合について

観賞魚を飼育していると肌荒れやヒレに穴が開く、ギザギザに欠けるなどの症状が出ることがあります。これは病気発症寸前の危険信号である為、早急に対応してあげる必要があります。この記事内では、なぜ起こるのか「原因」、どう対応すれば良いのか「処置」について解説しています。
メダカ・金魚

pHショックを起こした魚を蘇生させる方法

pHショックや呼吸が止まった魚を回復させる方法です。水質ショックだけでなく、あらゆる理由で呼吸が止まった場合でも回復させられる可能性があります。ただ必ず蘇生できる確約はできないので、そこは理解したうえでお読みください。
メダカ・金魚

エラ病を起こしている重症・衰弱病魚の治療法

外見上で病気の症状がみられないのにエサを食べない、衰弱していく場合はエラ病に感染しているかもしれません。この記事ではエラ病の原因や症状、予防や治療法などをまとめています。
オススメ記事

アクアリウムでよく使われる専門用語や医学用語を徹底解説

観賞魚飼育でよく用いられる専門用語、病気の症状名、略語などについて意味と及ぼす影響について徹底解説しています。飼育用語で分からない単語が出てきた場合に活用ください。
メダカ・金魚

怖いアンモニア中毒の症状、原因、減らす方法について

観賞魚を飼育しているとアンモニアが発生します。これは有毒性が強く蓄積すると神経障害や呼吸困難、病気感染など様々な悪影響を起こすので、予防法を含め記事内で紹介しています。
オススメ記事

治療困難な病魚に行う最後の切り札「低水温療法」について

魚病の末期や病気の複合感染、エサも食べられなくなったなど回復の望みが低くなって不安なアクアリストに贈る奥の手「低水温療法」の紹介です。
熱帯魚・ベタ

ネオン病の原因、予防、治療法について

テトラやグッピーなど主に小型魚に発症する魚病です。一昔前は難治疾患に分類されていましたが、防疫学の進歩により、それほど難しい病気ではなくなりました。この記事ではネオン病の原因と治療法について記載・解説しています。
メダカ・金魚

全く水換えのいらないメダカ水槽の作り方

購入時は数匹でも自家繁殖で多く増えれば水換えの手間が増えるものですが、飼育環境をひと工夫すれば水換えが全く不要なメダカ飼育も可能になります。しかも病気にもならない!今回はそのポイントを中心にご紹介します。
熱帯魚・ベタ

ベタのエサ適量と健康維持に必須の餌について

ベタは雑食性なので口に入るものであれば基本的に何でも食べてくれます。しかし、ベタは他の魚と違って胃を持つ観賞魚なので、消化器官が弱いです。餌の適正な量と栄養バランスを考えずに与えていれば、消化不良を起こしたり、様々な病気の引き金になってし...
オススメ記事

病魚が知らせる治療を中止すべきサイン、塩水浴と薬浴時の注意点について

飼育魚が病気になり薬浴開始しても悪化したり、助けられなかったりと苦い経験をした方も多いと思います。この記事では薬浴の効果を最大限に発揮する為に必要な注意点と中止すべき判断基準について主に記載しています。
オススメ記事

薬浴中に☆になる原因と対策について

よく病気の治療中に魚を落としてしまう人は必見!薬浴中の注意事項と生存率を上げるポイントなどを中心に記載しています。
オススメ記事

飼育魚を網で絶対にすくってはいけない理由について

魚を網ですくうと擦れ傷や切り傷が出来てしまい、そこから細菌感染や寄生虫が付着するため、極力あみで魚をすくうことは避けた方が良いです。この記事では網捕獲の代わりとして、魚を一切傷つけずに捕獲する方法を記載しています。
メダカ・金魚

カラムナリス症による強い尾腐れ、口ぐされ、体表出血等の治療について

カラムナリス病は滑走細菌が原因で、観賞魚のたんぱく質を分解し各ヒレぐされやエラ腐れを起こす感染伝播力の非常に強い感染症です。症状の進行が早く、見つけ次第早急に治療処置を行う必要があります。
メダカ・金魚

水草レイアウトを一切枯らさずに飼育魚の病気を治療する方法

熱帯魚やメダカ水槽でレイアウトに力を入れている人も多く、飼育魚が病気感染した場合に魚病薬治療が出来ず困ってしまう人が多いとよく聞きます。この記事では、そんな場合に治療が出来るようにするために書いたものです。
オススメ記事

観賞魚の肌荒れ、ヒレのギザギザ、ピンホール症状が出た場合について

観賞魚を飼育していると肌荒れやヒレに穴が開く、ギザギザに欠けるなどの症状が出ることがあります。これは病気発症寸前の危険信号である為、早急に対応してあげる必要があります。この記事内では、なぜ起こるのか「原因」、どう対応すれば良いのか「処置」について解説しています。
オススメ記事

アクアリウムでよく使われる専門用語や医学用語を徹底解説

観賞魚飼育でよく用いられる専門用語、病気の症状名、略語などについて意味と及ぼす影響について徹底解説しています。飼育用語で分からない単語が出てきた場合に活用ください。
オススメ記事

治療困難な病魚に行う最後の切り札「低水温療法」について

魚病の末期や病気の複合感染、エサも食べられなくなったなど回復の望みが低くなって不安なアクアリストに贈る奥の手「低水温療法」の紹介です。
オススメ記事

病魚が知らせる治療を中止すべきサイン、塩水浴と薬浴時の注意点について

飼育魚が病気になり薬浴開始しても悪化したり、助けられなかったりと苦い経験をした方も多いと思います。この記事では薬浴の効果を最大限に発揮する為に必要な注意点と中止すべき判断基準について主に記載しています。
オススメ記事

薬浴中に☆になる原因と対策について

よく病気の治療中に魚を落としてしまう人は必見!薬浴中の注意事項と生存率を上げるポイントなどを中心に記載しています。
オススメ記事

飼育魚を網で絶対にすくってはいけない理由について

魚を網ですくうと擦れ傷や切り傷が出来てしまい、そこから細菌感染や寄生虫が付着するため、極力あみで魚をすくうことは避けた方が良いです。この記事では網捕獲の代わりとして、魚を一切傷つけずに捕獲する方法を記載しています。
オススメ記事

水質ショックを起こさない水換え、水合わせのやり方について

水質ショックは合わさるpH同士の値が違うことによって水質が急変し、飼育魚が呼吸困難を起こし☆になることを指します。この記事では、この水質ショックを起こさせない安全な水換え、水合わせの方法を記載しています。
オススメ記事

3種の神器ラクトフェリン、フコイダン、クロマジェルについて

淡水魚・海水魚の病気予防、治癒力促進にたいへん効果があり飼育を楽にする3種の神器です。ラクトフェリンは飼育魚を病気になりにくくし、他2つは病原菌の吸着、発生抑制にも効果があります。
オススメ記事

観賞魚病気時の民間療法の効果と危険な副作用まとめ「塩水浴+10選」

エプソムソルト浴、ココア浴、唐辛子殺菌、オキシドールなどよく用いられる民間療法には効果のあるものと病状をより悪化させるものがあります。この記事で有名どころを一通り解説していますので、参考に読んでみてください。
オススメ記事

常備すべき魚病薬、添加剤について「永久保存版」

観賞魚が病気になった時、病名や原因を特定することは困難を極めます。家庭アクアリウムでは血液検査や細胞検査はもちろん、顕微鏡での病理検査など病気の究明が不可能だからです。魚病で代表的な白点病1つとっても、白点病と思い治療していたらウーディウ...
オススメ記事

病名が分からない飼育魚の生存率を飛躍させる病気治療について「淡水・海水共通」

白点病や水カビ病などと違い、病名も治療法も分からない病気や症状は珍しくありません。これら病名不明な観賞魚の病気に試すべき治療法と応急処置について記載しています。
オススメ記事

科学的観点から選んだ超オススメキャットフード5選

ネットであふれている情報ですが、世界中の愛猫家、獣医師とやり取りし、猫にとって本当に良いと確信を持ったものだけ紹介しています。
オススメ記事

魚病薬の効果を最大限にする、飼育魚の負担を最小限にする方法について

魚病薬が効かないのは水が汚い、濾過槽や底砂にゴミ・ヘドロが溜まっているなど環境に問題があるのが殆どです。薬効成分がきついと言われているのも使い方次第で効果抜群、負担最小限に出来る為、この記事でこれら方法を記載します。
オススメ記事

グレインフリーやヒューマングレードは良い商品?検証結果と本当に良いドッグフード厳選3つを紹介

グレインフリー、ヒューマングレード、無添加などネットで高評価されているドッグフードやランキングものを獣医学、動物栄養学の観点から検証し徹底解説。記事最後には知人の獣医師さん30人に直接聞いて最も評価が高かったドッグフードを順に3つ紹介しました。
メダカ・金魚

マイコバクテリウム症「魚結核症、抗酸菌症」の原因、治療について

全ての魚に感染する&もれなく難治性という困った病気。そんな抗酸菌症の早期発見のポイントと症状、有効な治療法について記載しています。
メダカ・金魚

エラ病を起こしている重症・衰弱病魚の治療法

外見上で病気の症状がみられないのにエサを食べない、衰弱していく場合はエラ病に感染しているかもしれません。この記事ではエラ病の原因や症状、予防や治療法などをまとめています。
メダカ・金魚

怖いアンモニア中毒の症状、原因、減らす方法について

観賞魚を飼育しているとアンモニアが発生します。これは有毒性が強く蓄積すると神経障害や呼吸困難、病気感染など様々な悪影響を起こすので、予防法を含め記事内で紹介しています。
メダカ・金魚

カラムナリス症による強い尾腐れ、口ぐされ、体表出血等の治療について

カラムナリス病は滑走細菌が原因で、観賞魚のたんぱく質を分解し各ヒレぐされやエラ腐れを起こす感染伝播力の非常に強い感染症です。症状の進行が早く、見つけ次第早急に治療処置を行う必要があります。
メダカ・金魚

目が飛び出るポップアイの原因、治療法について

淡水魚・海水魚ともに急に目が飛び出るような症状を起こすことがあります。ポップアイと呼ばれ、場合によっては生命の危機を知らせるサインだったりします。そんなポップアイの原因や治療法について解説しています。
海水魚

飼育魚を水槽下でも大きく立派に育てあげる方法「淡水・海水魚共通」

よく聞く「飼育下では自然界ほど大きくならない」という言葉ですが、実は飼育下でも大きく迫力ある野生サイズに近づける有力な方法があります。そのことについて科学的に解説しています。
メダカ・金魚

水質悪化させない方法と水質を良好に維持する方法

結論から言うと、毎日小まめに餌の食べ残しやフンを全て取り除くこと。これが最も水を汚さず、水質維持に効果的な方法だと長年の飼育経験と治療経験から感じました。では、どういう風な環境にすれば、毎日残さず取り除けるのか、そのことを含め、題名に関連...
メダカ・金魚

淡水魚・海水魚に使うラクトフェリンの治癒効果とメリット、デメリットについて

ラクトフェリンは人間でも免疫力向上に役立つ健康食品で、魚類にも同様の効果をもたらすとして販売されています。 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a;b=b||functi...
海水魚

ダメージリスクを最小限にする淡水浴のやり方

海水魚における淡水浴は寄生虫駆除やトリコディナ除去など便利な反面、リスクも伴います。ここでは飼育魚の負担を最小限にする正しい淡水浴の方法と病魚の淡水浴について記載しています。
メダカ・金魚

エロモナス病「尾ぐされ、口腐れ、穴あきなど」の治療法と再発予防について

飼育魚のヒレや口が溶けていく、ウロコが逆立つ、体表に穴が開いたりスレ傷が出来るなど、これら全てはエロモナス感染症という病気の症状です。エロモナス感染症は大きく分けて運動性と非運動性に分けられますが、基本的には単独で発症することは少なく、感...
海水魚

海水魚のウーディニウム病「コショウ病」の治療法と薬浴の注意点

淡水魚のウーディニウムと違い海水魚の場合は重症化しやすいです。早急に治療しないとエラ内や眼球に付着し失明や呼吸困難にまで進行するので、ここに治療法を記載しておきます。
海水魚

黒点病の原因、治療法について

体表に黒い点々がみられたら、それは黒点病です。治療に急を要するものではありませんが、ずっと放っておくと衰弱します。コメント:ちなみに金魚などに見られる黒いシミは黒斑といって病気が治った後のシミなので、黒点病との間違いに注意です。 黒...
メダカ・金魚

白点病に酷似!リンホシスチス病の治療法について

初期では白点病に酷似しているので、治療方法を誤りやすい病気です。早期に☆になるものではないですが、進行していった場合、摂食や呼吸が出来なくなるため、楽観視は出来ない病気です。
海水魚

スターポリプを溶かすウミケムシの駆除方法について

ミミズ、ゴカイのような見た目で側面に足のような毛が生えた者から無毛なものまでいます。 大きさは1cmくらいの小さなものから10cmを超える大きなものまでいます。 無毛なものはゴカイと間違えやすいですが、ウミケムシはピンク色~薄...
海水魚

スターポリプを溶かすカーリーの有効な駆除方法について

有害生物として海水魚の世界では有名で、正式名称はセイタカイソギンチャクといいます。 見た目は茶色で半透明の体、先端に触手を伸ばした形をしています。 よくライブロックに引っ付いてきており、状態の良いグレードの物を選んでも...
メダカ・金魚

マイコバクテリウム症「魚結核症、抗酸菌症」の原因、治療について

全ての魚に感染する&もれなく難治性という困った病気。そんな抗酸菌症の早期発見のポイントと症状、有効な治療法について記載しています。
メダカ・金魚

pHショックを起こした魚を蘇生させる方法

pHショックや呼吸が止まった魚を回復させる方法です。水質ショックだけでなく、あらゆる理由で呼吸が止まった場合でも回復させられる可能性があります。ただ必ず蘇生できる確約はできないので、そこは理解したうえでお読みください。
メダカ・金魚

エラ病を起こしている重症・衰弱病魚の治療法

外見上で病気の症状がみられないのにエサを食べない、衰弱していく場合はエラ病に感染しているかもしれません。この記事ではエラ病の原因や症状、予防や治療法などをまとめています。
メダカ・金魚

怖いアンモニア中毒の症状、原因、減らす方法について

観賞魚を飼育しているとアンモニアが発生します。これは有毒性が強く蓄積すると神経障害や呼吸困難、病気感染など様々な悪影響を起こすので、予防法を含め記事内で紹介しています。
熱帯魚・ベタ

ネオン病の原因、予防、治療法について

テトラやグッピーなど主に小型魚に発症する魚病です。一昔前は難治疾患に分類されていましたが、防疫学の進歩により、それほど難しい病気ではなくなりました。この記事ではネオン病の原因と治療法について記載・解説しています。
熱帯魚・ベタ

ベタのエサ適量と健康維持に必須の餌について

ベタは雑食性なので口に入るものであれば基本的に何でも食べてくれます。しかし、ベタは他の魚と違って胃を持つ観賞魚なので、消化器官が弱いです。餌の適正な量と栄養バランスを考えずに与えていれば、消化不良を起こしたり、様々な病気の引き金になってし...
メダカ・金魚

カラムナリス症による強い尾腐れ、口ぐされ、体表出血等の治療について

カラムナリス病は滑走細菌が原因で、観賞魚のたんぱく質を分解し各ヒレぐされやエラ腐れを起こす感染伝播力の非常に強い感染症です。症状の進行が早く、見つけ次第早急に治療処置を行う必要があります。
メダカ・金魚

水草レイアウトを一切枯らさずに飼育魚の病気を治療する方法

熱帯魚やメダカ水槽でレイアウトに力を入れている人も多く、飼育魚が病気感染した場合に魚病薬治療が出来ず困ってしまう人が多いとよく聞きます。この記事では、そんな場合に治療が出来るようにするために書いたものです。
メダカ・金魚

目が飛び出るポップアイの原因、治療法について

淡水魚・海水魚ともに急に目が飛び出るような症状を起こすことがあります。ポップアイと呼ばれ、場合によっては生命の危機を知らせるサインだったりします。そんなポップアイの原因や治療法について解説しています。
海水魚

飼育魚を水槽下でも大きく立派に育てあげる方法「淡水・海水魚共通」

よく聞く「飼育下では自然界ほど大きくならない」という言葉ですが、実は飼育下でも大きく迫力ある野生サイズに近づける有力な方法があります。そのことについて科学的に解説しています。
メダカ・金魚

メダカや金魚に多いガス病の危険性と予防について

池の鯉、メダカや金魚飼育でも発生しやすく、グリーンウォーターなど藻類が多い環境で特に発症しやすい様です。魚病薬が効かない、発病すると飼育魚が全滅するため予防がとても大切です。この記事では応急処置、治療法についても紹介しています。
メダカ・金魚

水質悪化させない方法と水質を良好に維持する方法

結論から言うと、毎日小まめに餌の食べ残しやフンを全て取り除くこと。これが最も水を汚さず、水質維持に効果的な方法だと長年の飼育経験と治療経験から感じました。では、どういう風な環境にすれば、毎日残さず取り除けるのか、そのことを含め、題名に関連...
メダカ・金魚

淡水魚・海水魚に使うラクトフェリンの治癒効果とメリット、デメリットについて

ラクトフェリンは人間でも免疫力向上に役立つ健康食品で、魚類にも同様の効果をもたらすとして販売されています。 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a;b=b||functi...
メダカ・金魚

水カビ病、綿かぶり病の治療法と予防、重症時の治療について

ケガや衰弱した魚に起こりやすい症状で体表やヒレにホコリの様なカビが付着します。適切に処置すれば誰でも治せる病気ですが、重症化すると生存率が急激に下がるため、それら治療法を含め記載しています。
メダカ・金魚

白雲病「キロドネラ、ギロダクチルスなど」の治療法と予防について

飼育魚のエラや体表に白い粘液物が多量に付着している場合、白雲病の可能性が高いです。正体はキロドネラやギロダクチルスなど寄生虫が主です。
スポンサーリンク
トップへ戻る