当HPはペットの飼育、マンガやアニメなど家で楽しめる趣味がコンセプトです。
淡水魚・海水魚の記事では、病気治療や予防法に力を入れており、専門の知識・スキルを取り入れて書いています。
当サイトの目標は飼育者が正しい治療知識とスキルを持ち、ペットが少しでも長生きできること。
愛犬・愛猫・愛魚すべて大切な家族なので、少しでも同じ時を過ごせる様に情報発信に努めてまいります。

kyo

スポンサーリンク
海水魚

海水魚が急に餌を食べなくなった原因と回復方法について

海水魚を飼育していると昨日まで元気だったのに急に餌を食べなくなったり、水流のある場所から動かなくなったりすることがあります。これらの考えられる原因と対策について記載しています。 原因考察①:病気の可能性 外見症状で病気と判断出...
メダカ・金魚

メダカが産み付けやすい産卵巣、水草について

めだかは産卵するとお腹に卵を吊り下げますが、産み付ける場所が無いと床にばらまいて落としてしまいます。自ら卵を落とさなくても、だいたい数時間~1日ぐらいは吊り下げているので、お腹に下げている卵を他のメダカが食べることもあります。なので、メダ...
メダカ・金魚

メダカを繁殖させるための環境と必須条件について

キレイなメダカを自宅で増やそうとしても条件がそろっていないとメダカは繁殖しません。水温や照明点灯時間など、いくつか繁殖条件があるため、そのポイントについて最低限必要なことを記載しています。
メダカ・金魚

観賞魚の目の白濁は何が原因?各パターン別の治療法とともに解説

飼育魚の眼が白く濁っていた場合、原因にもよりますが放置しておくと失明するケースが多いです。命に関わることは稀ですが、失明したら治らなくなるので、この記事内で原因と対処法について記載していきます。
メダカ・金魚

淡水魚の白点病の治療法・予防について

淡水魚の白点病は観賞魚の病気治療に中で治療しやすく予防しやすい病気になります。しかし安易に考えて治療せずに放置しておくと重症化し飼育魚を落とすことになるため、もし発症した時は必ず治療してあげる様にしてください。 アイキャッチ画像出典...
メダカ・金魚

マイコバクテリウム症「魚結核症、抗酸菌症」の原因、治療について

全ての魚に感染する&もれなく難治性という困った病気。そんな抗酸菌症の早期発見のポイントと症状、有効な治療法について記載しています。
オススメ記事

観賞魚の肌荒れ、ヒレのギザギザ、ピンホール症状が出た場合について

観賞魚を飼育していると肌荒れやヒレに穴が開く、ギザギザに欠けるなどの症状が出ることがあります。これは病気発症寸前の危険信号である為、早急に対応してあげる必要があります。この記事内では、なぜ起こるのか「原因」、どう対応すれば良いのか「処置」について解説しています。
メダカ・金魚

pHショックを起こした魚を蘇生させる方法

pHショックや呼吸が止まった魚を回復させる方法です。水質ショックだけでなく、あらゆる理由で呼吸が止まった場合でも回復させられる可能性があります。ただ必ず蘇生できる確約はできないので、そこは理解したうえでお読みください。
メダカ・金魚

エラ病を起こしている重症・衰弱病魚の治療法

外見上で病気の症状がみられないのにエサを食べない、衰弱していく場合はエラ病に感染しているかもしれません。この記事ではエラ病の原因や症状、予防や治療法などをまとめています。
オススメ記事

アクアリウムでよく使われる専門用語や医学用語を徹底解説

観賞魚飼育でよく用いられる専門用語、病気の症状名、略語などについて意味と及ぼす影響について徹底解説しています。飼育用語で分からない単語が出てきた場合に活用ください。
メダカ・金魚

怖いアンモニア中毒の症状、原因、減らす方法について

観賞魚を飼育しているとアンモニアが発生します。これは有毒性が強く蓄積すると神経障害や呼吸困難、病気感染など様々な悪影響を起こすので、予防法を含め記事内で紹介しています。
オススメ記事

治療困難な病魚に行う最後の切り札「低水温療法」について

魚病の末期や病気の複合感染、エサも食べられなくなったなど回復の望みが低くなって不安なアクアリストに贈る奥の手「低水温療法」の紹介です。
熱帯魚・ベタ

ネオン病の原因、予防、治療法について

テトラやグッピーなど主に小型魚に発症する魚病です。一昔前は難治疾患に分類されていましたが、防疫学の進歩により、それほど難しい病気ではなくなりました。この記事ではネオン病の原因と治療法について記載・解説しています。
メダカ・金魚

全く水換えのいらないメダカ水槽の作り方

購入時は数匹でも自家繁殖で多く増えれば水換えの手間が増えるものですが、飼育環境をひと工夫すれば水換えが全く不要なメダカ飼育も可能になります。しかも病気にもならない!今回はそのポイントを中心にご紹介します。
熱帯魚・ベタ

ベタのエサ適量と健康維持に必須の餌について

ベタは雑食性なので口に入るものであれば基本的に何でも食べてくれます。しかし、ベタは他の魚と違って胃を持つ観賞魚なので、消化器官が弱いです。餌の適正な量と栄養バランスを考えずに与えていれば、消化不良を起こしたり、様々な病気の引き金になってし...
スポンサーリンク
トップへ戻る