ヒーターは規格容量よりもワンランク上設置がオススメ!

水槽の水量によって推奨されているヒーターのw数「以下記事で規格ヒーターと呼ぶ」より、ワンランク上のヒーターを設置することをオススメします。

その理由は、季節の変わり目や真冬、温度変化の激しい場所「窓の近く、玄関、廊下など」に水槽があれば、規格ヒーターでは役不足だからです。

そのような場所では、日中と夜間の温度変化や天気・日々の環境の気温変化に対応できず、水槽内で常に±2度の温度変化が起きるので、スズメダイなど強健の海水魚以外は簡単に病気になったり、体調を崩したりしてしまいます。

また設定温度を保てず常にMAX稼働になる為、電気代も跳ね上がります。

水量による適正ヒーターの目安

・〜30cm(20L以下):50W

・45cm(40L以下):100W

・60cm(60L以下):160W

・75cm(100L前後):200W

・90cm(160L前後):300W

・120cm(200L前後):500W

上記は一般的に推奨されている水量「水槽」に対するヒーターのw数。

理想は、60cm水槽までなら+50W、75cm水槽以上からは+100W追加すれば安心です。

そして、1本のヒーターを使用するより断然2本使用することを強くオススメします!

その理由はこちらの記事→

例えば、30㎝水槽であれば50W×2本使用

60cm水槽:100W×2本

90cm水槽:200W×2本

というような感じです。

このように少し余裕を持たせれば、大きな環境変化にも対応でき水槽の設置場所に悩まなくて済みます※し、フル稼働でなくなるので電気代も落ち着きます。

「※ここでは、あくまで水温変化だけに焦点を当てているので、騒音や人通り、日光などの問題は除外しています」

最後に、オススメのサーモスタット式ヒーターとサーモスタット本体、交換用ヒーターを紹介しておきます。

45cm水槽までの小型水槽でネオンテトラやグッピー、スズメダイやクマノミなどのお手軽飼育をしたい方には、こちらのヒーター2本使用がオススメ。

それでは楽しいアクアライフを(^^♪

スポンサーリンク