グッピーの飼い方、育て方、繁殖方法

熱帯魚と言えばグッピーというほど有名な熱帯魚。

出典:Tetra スペクトラム ジャパン株式会社

グッピーは主に価格の安い外国産グッピー「通称:ミックス」と価格の高い国産グッピーの2つに分かれます。

カラーバリエーションが非常に多く、レッドタキシード、ブルーグラス、キングコブラなどブランド名の付いた国産グッピーが特に人気でキレイなグッピーを増やしたいなら国産ブランドを飼いましょう。

外国産と国産の違い

  • 価格

外国産はペアで200円、300円というほどの安価で購入できるグッピーで、色も様々なものが販売されています。飼育はとても簡単で丈夫。

国産は種類にもよりますが、販売店が多いおなじみのタキシード系「レッド、イエロー、ブルー」、ブルーグラス、キングコブラなどであればペアで1000円~。

珍しく流通量の少ないもの、新しい品種なら1万円を超えるものもあります。

出典:出典:サイトウ・グッピー

※フルプラチナの改良品種。上記のような珍しいタイプならペア5千円前後することもある。

ただ一般的なグッピーと同じように飼育が簡単なことは変わらない。

スポンサーリンク
  • 繁殖させた時

外国産では親と全く違う色が生まれたり、奇形のものが生まれることが多いです。

これは同じ血縁同士でも繰り返し交配させていたり、販売店で1つの水槽に大量にまとめて入れられていることから出てくるものだと考えられます。

例:赤のグッピーから青が生まれる、青のグッピーから真っ黒が生まれるなど

身体の模様も親と全く違うことが多い レッドタキシードから真っ黒が生まれるなど

国産ブランドでは親と同じ色、模様のものしか生まれない。

自宅で他品種と交配させなければ、同じ品種のものがずっと量産されます。

ですので、色、形など気にせずグッピーが飼いたい場合は外国産

キレイなグッピーを毎日見たい場合は国産のものを選ぶといいと思います。

次ページ「飼育方法、繁殖方法の紹介」

スポンサーリンク