アロワナ、古代魚が白点病になったら

スポンサーリンク

まず白点病かツリガネムシの寄生なのかを判断

ツリガネムシであれば白点に線「尾のような物」が生えています。

確認して白点病であれば特に治療は必要ありません。

アロワナや古代魚に見られる白点病は、ほとんどが生き餌の金魚やメダカが白点病感染していたものを食べたために感染したものであるので、28度以上の高水温下で飼っているアロワナ・古代魚は感染しても自然治癒することが多いです。

スポンサーリンク

だいたい数日で完全に治癒しますが、普段27度以下で飼育している環境の場合、治りが悪く体力を奪われます。
その場合は完全に治癒するまで28度以上に水温を上げて飼育してください。
白点が見られなくなっても、2~3日は潜伏している可能性があるので、3日ほどはそのままの水温で飼育、様子見すると良いと思います。

スポンサーリンク
トップへ戻る