ツリガネムシの駆除、予防、治療法について

スポンサーリンク

金魚など生き餌をアロワナに与えていると、体に小さい白点が付くことがあります。
28度以上の高水温下で飼育することが多いアロワナに白点病は滅多にかからない病気なので、だいたいツリガネムシという寄生虫の仕業です。

確実な判断法は近くで見て白い点に線が生えているミニおたまじゃくしみたいな姿をしていればツリガネムシです。

ツリガネムシの危険性について

イカリムシやウオジラミなどと同じく金魚やコイなどに寄生する生物です。
飼育魚が危険にさらされるような怖い病気では無いですが、寄生したまま放っておくと無数に増え、全身かゆがって水槽レイアウト品や底砂などにこすり付けて傷口が出来てしまい他病気の2次感染の引き金になるので駆除が必要になります。

スポンサーリンク

寄生予防法

まず生き餌に金魚を与えていたのなら、中止します。
個人的に金魚を餌に与えるのはオススメ出来ず、消化の良いヒメダカや高栄養価のフタホシコオロギ、餌ガエル系を餌にするのが良いと思います。
ヒメダカは寄生が少ないですが、念のために体表にイカリムシなどの寄生虫がいないかどうか確認してから与えるようにしてください。

駆除・治療法

数匹なら手作業で取れますが、目に見えない部分に隠れていたり、卵を産んでいる可能性もあるので、基本魚病薬治療を行います。

治療には塩治療ではなく、トロピカルゴールド、リフイッシュといった魚病薬を使用します。
アロワナなど古代魚の仲間は魚病薬に弱く、ショックや呼吸困難を起こしやすいので、治療投与する場合は規定量の1/3~1/4を上限とします。

ここ近年グリーンFゴールド顆粒と同じように薬事法により品薄になっていて、入手が難しいです。

※代用品としてレスバーミンなどが出ているので、どうしても手に入らなかった場合は、代用品をお使いください。

上記商品リンク、出典:大谷錦鯉店公式HP

特にリフイッシュは効き目が良い分、ショックも起こしやすいので、しっかり時間をかけて様子を見ながら徐々に追加投与していくのが安全です。

投与手順

いきなり1/3を入れるのではなく、様飼育魚に異変は無いか様子を見ながら少しずつ投与します。

最初:規定量の1/10から投与スタート

1回の追加する毎に20~30分ぐらい様子を見ながら、追加量1/10を入れていき、最後まで異常が無ければ上限の1/3ぐらいまでで止めます。

薬浴の有効期間は魚病薬によって違うので、パッケージや取説に書いてあるものを参照して、成分が切れたら、同じ手順で再度薬浴を治るまで行うようにします。

ツリガネムシは増殖スピードが早く、卵には魚病薬が効かないので、完全に駆除するのに長期戦になることが多いです。
長い場合、数か月以上かかることも珍しくないので、感染した場合は、諦めずに治療を続けるようにしてください。

スポンサーリンク
トップへ戻る