全く水換えのいらないメダカ水槽の作り方

スポンサーリンク

近年、観賞魚飼育で金魚を抜いて飼育数No1に輝いたメダカですが、増やし過ぎて水槽に入りきらなくなって飼育容器を分けたり、水換えの手間が増えたりと想像以上に世話が面倒になっている人が多いと聞きます。
確かに飼育数が増えれば当然、水を早く汚すので、水換えや濾過槽掃除などの手間も増えるのですが、飼育環境にひと工夫を加えれば、水換えが全くいらなくて病気になりにくいメダカ飼育を実現することも可能です。
今回は、いくつかポイントを踏まえて、その内容を中心に記載解説しています。

毎日残り餌とフンを取る

基本はこれです!
毎日餌をあげて食べ残った沈殿物をスポイトや網で取り出すことで、腐敗による水質悪化や濾過槽内に取り込まれて水を汚すことも防げます。
水質悪化の一番の原因は食べ残しと排泄物なので、この2つを小まめに取り除き、水槽内に残さないことで水が汚れる速度を大きく遅らせることが出来、定期的に水換えや濾過槽掃除をする手間も減らせるため、まずは毎日残り餌と排泄物を取り除くことから始めましょう。

水草や流木などレイアウトに力を入れている水槽であれば、底にアミが入らないので、スポイトで沈殿物を吸い取る方が早いです。
メダカのサイズが1cm未満と小さい場合は、子魚を誤って吸い込まない様に、魚がいない場所でスポイトを使う様に注意してください。

水質浄化する水草を入れる

次に水草を入れるならホテイアオイやアナカリスといった水質浄化作用を持つものを選ぶと良いです。
ホテイアオイとアナカリスは、とても丈夫で、光量の要求も日光や部屋の照明だけでも十分なほどなので、そうそう枯れて水を汚す心配も無く、メダカの隠れ家になったり、産卵巣になったりと他にも多々便利な水草です。

メダカと相性が良く、屋内でも屋外でも好んで入れることの多い水草です。
注意点としては根が水中にあり、伸びすぎると遊泳スペースが狭まったり、最悪身動きがとれなくなり☆になることもあるので、伸びすぎてきたら根をカットしてあげてください。

Kyo
Kyo

ホテイアオイの根は半分ぐらいまでなら太い根でもカットできます。
ただ茎がしぼんでいる、葉の色が黄色いなど明らかに状態が悪そうな物の根をカットする場合は控えめにしてください。

金魚水槽などでもお馴染のアナカリスは用水路や池などでも容易に採取できる水草です。
無料で手に入るとはいえ、採取物は雑菌や寄生虫、メダカにとって外敵の卵などが高確率で付着しているため、水槽に持ち込むのはショップで購入したものだけにした方が無難です。

底砂は赤玉土を使用する

赤玉土は普段ガーデニングや観葉植物などに使われる園芸用品ですが、実はメダカ飼育でも好んで使われている優秀な土なんです。
赤玉土の形状は粒が多孔質でたくさんのバクテリアを棲みつかせることができるのに、値段は安いので非常にコスパが良いです。

観賞魚用で販売しているソイルなども水質浄化作用がありますが、量に対して高価なのでコストがかかること、屋外飼育に使用するとなれば使用量も多くなるので、同じ量を使うのであれば断然赤玉土を使用する方が良いです。

またソイルは水草育成用に作られたものが殆どなので養分が多く、水槽内に苔が発生しやすいですが、赤玉土は無機質なのでコケが発生しにくい、雑菌が繁殖しにくいといったメリットがあります。

赤玉土のメリット

・多孔質でバクテリアがたくさん付きやすく、ろ材として優秀
・単価が安いので、大量に購入しても出費が安く抑えられる
・無機質なのでコケが発生しにくい、雑菌が繁殖しにくい
・粒が硬いものを選べばソイルと違って年単位で取換えが不要になる

Kyo
Kyo

元々園芸用なので水草が根を張りやすく、水草を植える土としても適しています。

赤玉土のデメリット

赤玉土を使用することのデメリットは、長く使っていると粒の形が崩れ壊れてくるということがあります。
しかし上記でも記載した通り単価が安いので、1年に1回取り替える手間ぐらいで、大きなデメリットにはならないと言えます。

もう一つのデメリットとしては、多量に入れると水質が酸性に傾いてくるというものです。赤玉土は元から酸性に傾ける性質があるので、あまりに多く入れすぎると水質が酸性寄りになってしまい、メダカが病気になりやすくなる、苔取り貝やヒメタニシの貝殻が溶けやすくなるため、敷く厚さは3cm以下と控えめにしておくことをオススメします。

Kyo
Kyo

水草をまんべんなく植えたい場合は、底に砂利を敷いて、その上に赤玉を敷くなど厚さの重増しをすると良いと思います。

ヒメタニシを水槽内に導入する

水槽内にタニシを入れることでも水質浄化、環境維持に多いに貢献してくれます。

タニシの中でも「ヒメタニシ」という種類は大きくなっても5cm未満でレイアウトを崩さず、水槽内のヘドロ汚れ「デトリタス」を食べる、残飯を食べる、苔を食べると掃除屋としてよく働き、水の汚れに強く、ひっくり返っても起き上がれるというタフさまで備わっているので、この1種だけでオールラウンダーの活躍を見せてくれます。

Kyo
Kyo

タニシの最大の特徴はデトリタスを食べること!です。この食性は他の巻貝や二枚貝にも無いものなので、タニシは水質浄化に大きく貢献してくれます。

※注意点!!

全国の水田や池などに生息する巻貝なので、自然採取も可能ですが、ジャンボタニシと間違えない様にしてください!
ジャンボタニシも水田や池・沼でよく見る貝ですが、こいつは稲や水草を食害し、繁殖力も凄いので、水槽内に持ち込んでしまうと大変なことになります。

特にジャンボタニシの子どもはヒメタニシと見分けがつきにくいので、要注意!
ヒメタニシは卵胎生で卵を産まないので、もしも採取したものが水槽壁にピンクの塊「卵」を産んだなら、即刻除去し、タニシも全て水辺に捨てるようにしてください。

以上から、採取はリスクが高い為、素直にヒメタニシで購入したものを水槽内に入れるようにしてください。

上記販売店が最安値、しかも送料無料でお得です!!

数が多いほど単価は安くなりますが、あまりに多すぎるとヒメタニシが食べるエサが枯渇するため、30㎝水槽なら2~3匹、60cm水槽で5~6匹ほど入れておくと、全く餌やりをしなくても、水槽内にある汚れや食べ残し、苔食べだけで飼育することが出来るので、オススメです。

Kyo
Kyo

ヒメタニシの詳しい食性や特徴、メダカ稚魚への影響や飼育場の注意点など詳細は別記事に書いているので、水槽内に掃除屋として招き入れたい方は、ぜひ読んでみてください。

ヒメタニシはメダカ水槽のベストパートナー!メリットとデメリットの解説
メダカや金魚飼育に最高の相棒であるヒメタニシは残飯処理、デトリタス処理、苔取りを行い水質浄化と有害物処理を同時に行う掃除のスペシャリストです。この記事では、水槽の便利屋であるヒメタニシの利点と飼育方法について記載しています。

添加剤や水換え不要の濾過フィルターを使う

添加剤「クロマジェル、フコイダンなど」や還元濾過システムを採用した濾過器などを使用するのも飼育の手間を大幅に減らすことに繋がります。

クロマジェル、フコイダンなどの水質浄化+高栄養添加剤の詳細は別記事に詳しく記載しているので、そちらを参照してください。

3種の神器ラクトフェリン、フコイダン、クロマジェルについて
淡水魚・海水魚の病気予防、治癒力促進にたいへん効果があり飼育を楽にする3種の神器です。ラクトフェリンは飼育魚を病気になりにくくし、他2つは病原菌の吸着、発生抑制にも効果があります。


1つの水槽にたくさん泳がせたいのであればバイオラボトット社の濾過フィルターを使うことをオススメします。

上記商品は西日本用なので、東日本にお住いの方は50Hzのものをご購入ください。

totoパーフェクトフィルターなら小型水槽用のSSサイズでも100匹以上のメダカを水換えすること無く飼育することが可能です。

ただし!ろ材は交換時期が来たら入れ替えなければ効果が持続しないので、3か月に1度は交換するorろ材洗浄する必要はあります。

効果は確かに凄いのですが、デメリットとしては、交換用のろ材のコストがやや高い為、他の濾過器で飼育するよりも維持費はかかると思います。
詳しくは上記販売サイトで見てみてください。

最後に

メダカ1匹につき2Lの水量、水草はホテイアオイorアナカリスを入れる、底砂は赤玉土、同居生物はヒメタニシを数匹、毎日排泄物を取り除くということを守れば、濾過フィルター無し、水換え無しでもメダカを飼育することが実現可能です。

ただ高水温による飼育水の蒸発量、給餌量、日光照射量によっては水換えをしなくてはならないことも出てくるため、メダカを健康に育成・繁殖を順調にするためにも、最低限この記事内のポイントは押さえておくことをオススメします。

スポンサーリンク
トップへ戻る