熱帯魚・ベタ

スポンサーリンク
メダカ・金魚

腹水病に現状最も有効な治療法と早期判断基準について

腹水病とは観賞魚の腹部が水風船のように膨らんでいく治療の難しい病気で、病状が進行した場合、助かる確率はほぼ0%という恐ろしいものです。 はじめに記載しておくと、この病気に対する治療法として塩水浴、グリーンFゴールド顆粒などによる魚病...
熱帯魚・ベタ

ベタに必須の飼育用品の選び方、飼育準備について

ベタを飼うために絶対必要な飼育用品、水作り、その選び方について徹底解説しています。
熱帯魚・ベタ

ベタは時々フレアリングさせよう!重要性と方法、頻度について解説

ベタの健康維持、長期飼育にフレアリングは必須です! この記事では、ベタ専門のブリーダーさんから聞いた適切な方法と頻度について解説しています。
熱帯魚・ベタ

ベタの稚魚が病気にかかった時の治療法

ベタ自体が消化器官が弱く、アカヒレ「コッピー」やメダカに比べ病気にかかりやすい魚ですが、生まれたばかりのベタの稚魚は免疫力が低く体力も無いので、もっと病気にかかりやすいです。 稚魚のコショウ病の治療法 早ければ孵化後数日でコシ...
熱帯魚・ベタ

ベタの繁殖について「成功のための準備、お見合い方法など」

ベタの繁殖はオスが巣を作り稚魚の世話をする、ペアが体を重ね合い産卵するといった他の魚類には、あまり見られない珍しい習性があるので、その繁殖行動を自宅で見るということは、とても貴重なことであり神秘的な光景で感動するものです。ベタの繁殖自体も...
熱帯魚・ベタ

ベタ稚魚の育成、餌やり、水温、水質管理について

産卵後2~3日で稚魚が孵化します。孵化した稚魚は泡の巣にぶらさがるようにくっついています。 孵化してから3日目くらいまではヨークサックと呼ばれる栄養袋をお腹にぶら下げているため、上手く泳ぐことが出来ず稚魚が泡巣から落ちること...
熱帯魚・ベタ

立ち泳ぎ病、逆立ち病の治療について

メダカや金魚が縦になって泳いでいたり、じっとしていると立ち泳ぎ病、または逆立ち病と呼ばれる病気です。 ©photoAC 立ち泳ぎ病の原因は特定されておらず、これをすれば確実に治る!といった治療法は存在していないのが現状です。 ...
熱帯魚・ベタ

餌でアロアナの体高アップを図る方法

迫力あるアジアアロワナにしたい飼育者の方はたくさんいて、皆それぞれ色んな情報を仕入れて日夜体高アップを狙っている様です。 餌ではツメガエル、ミルワームが効果あり 実際に生き餌でアフリカンツメガエル、ミルワームを定期的に与えた結...
熱帯魚・ベタ

アロワナ、古代魚にツボカビ病がうつるかどうか

生き餌で与える浮きガエル、ツメガエルが感染する恐ろしいツボカビ病。感染したカエルを餌で与えた場合に、感染するかどうかですが、結論から言うと感染しません。 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffili...
熱帯魚・ベタ

ツリガネムシの駆除、予防、治療法について

金魚など生き餌をアロワナに与えていると、体に小さい白点が付くことがあります。28度以上の高水温下で飼育することが多いアロワナに白点病は滅多にかからない病気なので、だいたいツリガネムシという寄生虫の仕業です。確実な判断法は近くで見て白い点に...
熱帯魚・ベタ

熱帯魚、メダカ、金魚、ベタなどの水換えに使用する水の作り方

コロナ禍の現在、家でいる時間が多くなり、癒しや趣味として、観賞魚を飼い始める方が近年で一番増えたという話をよく耳にします。そこで、題材にもある様に海水魚や水質にうるさい熱帯魚「淡水エイ、アルタムエンゼルなど」以外の水作りについて記載したい...
熱帯魚・ベタ

アロワナの目タレの予防、改善方法について②

前回目たれについて記事を書きましたが、アバウトだったので、もう少し詳細に書きます。 目タレは単独飼育のアロワナに多い症状 基本目タレは単独飼育の場合に多いです。アロワナ同士の混泳水槽であれば、お互いが意識し合うので起こしにくい...
熱帯魚・ベタ

アロワナの目タレの予防、改善方法について

アロアナの観賞価値を下げる目タレ。 出典:photo AC シルバーアロワナに最も起こりやすく、次いでアジアアロワナ、ブラックアロワナには起こりにくい症状です。 出典:photo AC ブラックアロワナには起こりに...
熱帯魚・ベタ

アロワナ、古代魚が白点病になったら

まず白点病かツリガネムシの寄生なのかを判断 ツリガネムシであれば白点に線「尾のような物」が生えています。確認して白点病であれば特に治療は必要ありません。 アロワナや古代魚に見られる白点病は、ほとんどが生き餌の金魚やメダカが白点...
海水魚

金魚、メダカ、熱帯魚など水槽に入れられる飼育限度数について

水槽に飼える飼育の限度ってどれぐらいだろう?観賞魚に興味がある人なら、ふと気になった方も多いのではないでしょうか。その疑問に対し、一般的に言われている目安と著者自身の飼育経験に基づき、安全に飼える飼育限度数について記載していきます。 ...
スポンサーリンク
トップへ戻る